ニュース

アーカイブ | RSS |
豆知識
Macで自由なパスワードをつけてzip圧縮する方法

最近は、どこもセキュリティにうるさくて、メールに添付ファイルをつける時は、かならずパスワード付きにしてほしいという要望が増えています。
Mac の場合、FInderから簡単にzip圧縮はできるのですが、パスワード付きにはできません。
また、受け取った相手がWindowsユーザだと、文字化けしたり、余計なファイルが含まれたります。



ターミナルを使えば、パスワード付きzipができるらしいのですが、ターミナルに慣れない人も多いと思いますので、今回は簡単にパスワード付き zipファイルを作れるユーティリティを紹介します。

Googleなどで検索して、一番たくさん紹介されているのが「MacWinZipper」です。
こちらはAppStoreからダウンロードできますし、Lite版は無料です。もちろん、パスワード付きのzip圧縮が可能になっています。

ただ、問題なのは、パスワードの数字4桁しか使えないことです。プロジェクトによっては、英数字を混ぜた共通のパスワードを利用する場合もあります。

そんな時に便利なのが、「MacZip4Win」です。
こちらは、英数字を混ぜたパスワードを設定することが可能です。

ただ、こちらのソフトはAppStoreからはダウンロードできず、一般のサイトからのダウンロードとなりますので、「MacZip4Win」を起動しようとするとMacOSで警告が表示されてしまいます。

そのため、一旦、MacOSのシステム環境設定を開いて、「セキュリティとプライバシー」の中にある「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」という部分で、「すべてのアプリケーションを許可」にチェックしなくてはいけません。

通常は、「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」にチェックがはいっていますので、つまりは「確認済みの開発元」ではないというこですね。
もしもこの部分に不安を感じるのではあれば、使わないほうがいいかもしれません。

※ちなみに、私は使っていますが、今のところ特に問題はありません。Mavericksでも問題なく動作しています。

もちろん、両ソフトともWindowsユーザが開いた時の文字化けもありませんし、余計なファイルも含まれないzip圧縮が可能です。

ご興味のある方は、下記よりどうぞ。

「MacZip4Win」のダウンロードはこちらから。

もっと詳しい解説などはWindowsで文字化けしない圧縮ファイルをMacで作る方法がわかりやいです。

    この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数     参照数:2578    2014-06-13 20:08:29



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ログイン 新規クリエイター登録
新規クリエイター登録 新規クリエイター登録

Direct Function

最新ニュース

スポットジョブ最新検索

Sponsored Link

SPOT PRICE PickUp

 

 

 

 

SPOT TIPS

登録クリエイター最新作品

Sponsored Link